健康

あなたの愛犬が失明しているかどうか見分ける方法

愛犬の目の異常に早めに気づいてあげましょう

あなたの犬が普段の生活の中で年齢を重ねるにつれ、視力が悪化し始める可能性があります。場合によっては、以前は健康だった犬が失明してしまうこともあります。

犬は言葉がしゃべれませんから、普段の生活の中で飼い主であるあなたが、視力を失い始めた兆候に注意を払ってあげる必要があります。

もちろん、犬が視力を失っているのではないかという問題を診断できるのは獣医師のみです。

ただ目の問題を早期に発見できるよう、普段の生活の中で注意を払うことと、定期的な健康診断をおススメします。

失明につながる目の疾患と面に以下です。

白内障

白内障は犬の失明の一般的な原因の一つです。

これは、タンパク質の変化が犬の目の水晶体を変化させ、通常は透明な水晶体を変化した状態です。

レンズがより不透明になると犬は次第に見えなくなります。

多くの犬は白内障を高齢で発症しますが、遺伝により若い犬にも白内障が発生する可能性があります。

遺伝的に白内障を発症する傾向がある犬種には、ボストンテリア、ゴールデンレトリバー、ラブラドールレトリバーなどが挙げられます。

緑内障

緑内障も失明に至る可能性がある疾患の一つです。

眼球の中を循環している房水(ぼうすい)と呼ばれる液体が眼内に蓄積し、眼圧が高くなり網膜や視神経が影響を受け、視野が悪化したり、瞳孔が開きっぱなしになったり、眼球突出したりします。

緑内障は外科的および医学的治療を用いて治療されることもありますが、最悪の場合、網膜細胞が悪化して失明します。

重度の緑内障が長い間治療されない状態が続いていた場合、獣医師は目の摘出除去を勧める場合もあります。

緑内障は一部の高齢犬で発生する可能性がありますが、遺伝による場合もあり、他の犬種よりも遺伝的に緑内障を発症しやすいと犬種としては、シーズー、 シベリアン・ハスキーなどが挙げられます。

 

先天性・後天性疾患

失明をもたらす可能性のある他の疾患については、いくつかありますがここでは詳細は割愛します。

ただその中でも気を付けないといけないのは、目を怪我した場合です。

目を負傷すると、犬に視覚障害が残る可能性があります。

たとえば、ボールが眼を直撃したり、足や膝など体の一部が眼に強くぶつかったりしたときに起こります。

犬がこのような鈍的外傷を経験すると、目が膨らんだり、網膜が剥離したりすることがあります。重度の切り傷、削り傷、擦り傷、刺​​し傷、ひっかき傷も失明の原因となります。

 

以下を確認して、あなたの愛犬が盲目になるかもしれない兆候に早めに気づいてあげてください。

愛犬の目を確認してください

犬の目をチェックして、盲目になりそうな兆候がないか確認することが重要です。

犬の目のチェック方法

明るい部屋で、犬を座らせてじっとさせるか、難しければ家族や友人に犬がじっとしているよう抑えるのを手伝ってもらい、愛犬の目を見てください。
※この際、愛犬をなだめながら何も問題がないように安心させてください。
飼い主がストレスを感じているようであればそれが伝わり、次からは嫌がる子になる可能背があります。

注意すべき点は、以下のようなポイントです。
※目の周りを確認する際に、人間の手についたバクテリアや細菌をうつさないよう手洗いをしてから確認してください。

  • 目の周りの顔に傷などがないか
  • 見た目として目に曇りがないか、またぼやけたスポットがないか
  • 目ヤニや涙目、膿などがないか
  • 眼球の周りが充血していないか

自宅で出来る簡単なテスト

犬の目をチェックした後、いくつか簡単なテストを試してみてください。

まず、犬の目に優しい光を当てて、人間のように瞳孔が拡張するかどうかを確認します。
※このテストを自分で試すことに不安がある場合は、無理せずに獣医師に相談してください。

次に、犬の顔の前方 約50cmに手のひらを開いておき、犬にぶつけないようによく注意して、開いた手を犬の顔の約10cm前方まで素早く近づけます。

時には手のひらで風が出るくらい素早く動かして犬が瞬きするかどうか確認します。

今度は、お気に入りのおもちゃやボールを犬の頭の上から地面に落とします。

視界が良好であれば、視線におもちゃが入ると視覚的にそれら物体を追跡します。

 

日々の兆候に注意

たとえば部屋の中で犬たちが家具にぶつかったり、起き上がってソファに座るのに苦労していることに気が付いたら注意してください。

または外で遊んでいるとき、彼らが走ったりジャンプする際に高さや距離感をつかむのに苦労していたりでも注意が必要です。

これらの兆候は彼らの視力が悪化していることを示しているかもしれません。

いずれの場合でも、上に述べたテストのいくつかを実行し、犬が視力を失っている可能性があると思われる場合は、すぐに獣医師に見てもらってください

 

最後に

普段の生活の中で飼い主であるあなたが愛犬の視力について注意を払ってあげる必要があります。

もし目に問題がある場合でも、早期発見できれば改善が可能であったり、悪化を遅らせることができます。

そのため普段の生活の中で注意を払うことと、定期的な健康診断をおススメします。

もちろん犬が視力について診断できるのは獣医師のみですので自己判断せずに少しでも気になる場合は獣医師に相談ください。

たとえ目に異常があり失明の可能性が早期に診断された場合でも、愛犬への愛情は変わらずあなたは充実した生活を送ることができることを忘れないでくださいね。

 

犬も泣くことがあるの?犬の涙の本当の意味とは...」の記事もあわせてご覧ください。

犬も泣くことがあるの?犬の涙の本当の意味とは...



-健康,

Copyright© わんにゃんクラブ , 2022 All Rights Reserved.