Tips

あなたの愛犬の最高の一枚を撮る方法

愛犬家の方なら、犬の愛らしい一瞬を撮ろうとするけどなかなか上手くいかず、犬の写真を撮るのがどれほど難しいか知っていると思います。

犬たちにはカメラやスマホが奇妙なものに見え、フラッシュはびっくりさせるものに感じさせます。

室内はカメラにとって非常に暗い条件であり、犬が室内を走り回った時にはブレてしまい何が写っているのかわからないことになってしまいます。

シンプルなカメラやスマホで悶絶レベルの可愛さをとらえるのはとても難しいのです。プロのように最高にかわいい犬の写真を撮るにはどうすればよいでしょうか?

決してあきらめないでください!

最高の犬の写真を撮るための高レベルのコツをご紹介します。

 

撮影のタイミングを考える

アクティブな写真を撮りたい場合は、毎日の散歩の前に写真を撮影するようにしましょう。

穏やかな犬のポートレートを取りたい場合は、散歩の後に撮影するとうまくいきます。

犬にカメラを慣れさせる

カメラのシャッター音とフラッシュは、慣れないうちは犬を怖がらせることがあります。

犬にカメラのニオイを馴染ませ、怖いものではないと知らせてから、何気なく周囲を撮影し始めてください。

犬がカメラに慣れて、自分のことを始めたら、写真を撮り始めます。

大事なことは、撮影するということを自然でリラックスした状態に保つことです。

たくさんのおやつを手に取り、犬の顔にカメラを近づけて、「ママが写真を撮るからこっちを見て!」とキャーキャーと騒ぎ立てることはやめましょう。

写真を兎に角たくさん撮る

これは犬の撮影にだけ当てはまることではなく、写真撮影における最初の通過儀礼です。

撮影すればするほど、素晴らしいショットを撮るチャンスが増えます。

フラッシュはオフに

ほとんどのアマチュア写真家は、暖かく自然な光で最高の写真を撮影しています。色あせた写真を避けるために、朝または夕方、わずかに曇りの日、または明るい日陰で撮影してください。

屋内での撮影には、おそらくフラッシュが必要ですが、犬に直接光をあてると犬がびっくりすることになるのと、写真としてもつまらない一枚になってしまいますので基本はフラッシュはオフにします。

室内の明るさが十分でない場合は、外付けフラッシュなどを使用し、それを上方に向けると、光が天井から跳ね返るので、より自然なショットが撮ることができます。

昼間であれば、カーテンを開けて部屋にたっぷりの光を入れましょう。

あなたの犬の目線に合わせる

犬の上に立って見下ろすと、撮影したすべての写真が他の人が撮った写真のようになってしまいます。

膝をつく、座る、しゃがむなどをして、犬と目線を合わせることが大切です。

背景に注意

白い砂浜や緑の木々のようなシンプルな背景は、あなたの犬を際立たせます。

オートフォーカスやズーム機能の付いたデジカメを持っている場合は、犬を背景の少なくとも数メートル前に置き、背景よりも焦点が合うようにします。

色にも注意してください。

黒い毛並みの犬に黒い背景、茶色い毛並みの犬に茶色の背景などでは犬が際立たないので避けましょう。

遊び心でクリエイティビティを発揮

数メートル離れたところから全身を撮った写真の多くは、非常につまらないものになりがちです。

あなたの犬がフレーム全体を埋めるように近づいてください。さらに近づくと、奥行きに立体感のある濡れた鼻の写真なんかも面白いと思います。

また例えば45度の角度で横向きに犬の顔を撮影します。

完璧にこだわらないでも大丈夫です。

フレームの外に犬のしっぽがはみ出していたとしても、あなたが何年も飾っておきたい大切な一枚になるでしょう。

最後に

ペットの写真撮影では、偶然のタイミングを切り取るセレンディピティが大切です。

”最高のショット”は、しばしば自然発生的なものなのです。

-Tips,

Copyright© わんにゃんクラブ , 2022 All Rights Reserved.