健康

うちのペットもおじいちゃん!?高齢による行動の変化とは

獣医療やフードの進歩、またペットの飼い主さんの献身的でより良い世話のおかげで、ペットは今までよりも長生きするようになりました。

しかし、ペットが年をとるにつれて、彼らには特別な世話と注意を必要とします。

 

ペットのシニアって何歳から?

それぞれ異なり一概には言いにくいですが、猫と小型犬は一般的に7歳で「高齢(シニア)」とみなされます。

大型犬は小型犬に比べて寿命が短くなる傾向があり、5〜6歳の場合は高齢者と見なされることがよくあります。

一般的に知られるドッグイヤーの考えに反して、犬は人間より7倍速く老化するわけではありません。

また加齢自体は病気ではなく、高齢のペットは年齢に関連した問題を発症する可能性がありますが、きちんとケアすることで、高齢犬は幸せで健康で活動的な生活を送ることができます。

 

犬の年齢を人の年齢に換算するときの新常識』の記事もあわせてご覧ください。

犬の年齢を人の年齢に換算するときの新常識

いったい誰が言い始めたのか定かではないですが、犬の年齢を人間の年齢に換算するときに7を掛けるというものがあります。 たと ...

続きを見る

 

高齢のペットでよくある問題とは

毛色がグレーがかってくることや動きがゆっくりになるなど、老化による表面的な兆候を簡単に見つけることができますが、ペットの体内の臓器系も変化していることを覚えておくことが重要です。

年を取ったペットは、心臓、腎臓、肝臓の病気、がん、関節炎などの病気を発症する可能性が高くなります。

がんは、11~20歳のペットの死亡原因の主要原因となっています。人間と比べてもほぼ同じ割合になっています。

またペットは、人間と同様に、年齢を重ねるにつれて視力と聴覚の一部を失います。

年を取ったペットは白内障を発症することがあり、声でのコマンドにも反応しない場合があります。

声によるコマンドと合わせて、若い時から手によるコマンドを教えると、年齢とともに聴覚が悪化したときに、ペットとコミュニケーションを取りやすくなります。

「おいで」や「待て」などのコマンドは、簡単なジェスチャーにより、言葉を使わずにペットを安全に管理することもできます。

視野が狭くなったペットや失明したペットでも、馴染みのある環境でうまく行動できます。

ペットの視力が低下している場合は、障害物になる可能性のある家具やその他のモノをぶつからないよう置き方を工夫するようにしてみてください。

 

犬が聴覚を失っているかも。その兆候とは?』、『あなたの愛犬が失明しているかどうか見分ける方法』の記事もあわせてご覧ください。

あなたの愛犬が失明しているかどうか見分ける方法

目次 愛犬の目の異常に早めに気づいてあげましょう白内障緑内障先天性・後天性疾患愛犬の目を確認してください犬の目のチェック ...

続きを見る

犬が聴覚を失っている兆候とは?
犬が聴覚を失っているかも。その兆候とは?

目次 犬も加齢で耳が遠くなる犬が聴覚を失っている兆候犬の難聴の原因は?犬が聴覚を失っているか確かめる方法耳の聞こえない犬 ...

続きを見る

活動の変化

ペットが積極的に遊んだり走ったりするのを避け始めている場合、またはお気に入りのソファや家族の車に飛び乗るなどの日常的な動作に問題がある場合、彼らは関節炎にかかっている可能性があります。

関節炎のペットは、触れたりすると(特に関節炎の部分で)刺激を感じたり、落ち込んだり、不機嫌になることがあります。

これらの活動の変化には何か理由があります。

問題の原因を特定するために、獣医師にペットを診てもらうことをお勧めします。

獣医師は、ペットの関節炎を改善させるのに役立つ多くの治療法を教えてくれるでしょう。

整形外科用ペットベッド、少し高さを付けた食器皿、階段、傾斜路などの家の簡単なリフォームも、年を取ったペットの関節炎に対処するのに役立ちます。

 

行動の変化

ペットの行動の変化は、老化の最初のサインを見分けるのに役立ちます。

これらの変化は、不快感や痛み(関節炎など)、または視力や聴覚の悪化が原因である可能性がありますが、通常の加齢プロセスが原因である可能性もあります。

年長のペットの行動の変化の一部は、認知機能障害が原因である可能性があり、これは人々の老化に似ています。

認知機能障害の兆候である可能性のある高齢のペットの一般的な行動の変化:

  • 大きな音で簡単に動揺する
  • いつもより異常に攻撃的な行動
  • 鳴き声が大きくなる
  • 不安や緊張
  • 混乱または方角が分からなくなったような行動
  • あてもなく歩き回ることが増える
  • トイレなどが間に合わず家を汚す(「事故的」)
  • 睡眠パターンの変化
  • 遊ぶことにあまり興味を示さない
  • 同じことを繰り返す
  • 音でのコマンドに応答しない
  • いつもよりも不機嫌だったりイライラしている

 

高齢のペットに対する体重の影響とは

体重は、年を取ったペットの健康に大きな影響を与える可能性があります。

高齢のペットの肥満は、関節炎、呼吸困難、インスリン抵抗性または糖尿病、心臓病、高血圧、皮膚の問題、がんおよびその他の症状のリスクを高めます。

太りすぎのペットは、健康上の問題の早期警告の兆候を示さない場合があるため、獣医師への定期的に検診を受けることがおススメします。

獣医師がペットの状態を評価したら、適切な食事を推奨し、ペットが健康的なライフスタイルを維持するのに役立つ様々な方法を教えてくれると思います。

また年老いたペットの突然の体重減少も、特に猫では心配の種です。

甲状腺機能亢進症、糖尿病、腎臓病は、高齢の猫の体重減少の一般的な原因となっています。

年老いたペットの体重が突然変化したことに気付いた場合は、獣医師に連絡してください。

 

年老いたペットがいる家に新しいペット迎えるときの注意点

ペットが年をとるにつれて、若いペットを新たに家に迎えるのは魅力的かもしれませんが、子犬や子猫を新しく迎える前に獣医師に相談する必要があります。

理想的には、先住ペットがまだ活動的で、また遊び疲れて休憩が必要な場合に、若い動物から離れることができるときに、新しいペットを迎えるのには問題が少ないです。

シニアのペットには、邪魔されることなく、静かで安全で快適に休める場所が必要であると飼い主が知っておく必要があります。

 

おわりに

人間と同じくペットも年を取ります。そしてペットも平均寿命だけでなく、健康寿命を延ばすことが大切です。

定期的に獣医師の検査を受けることは、ペットが高齢になり何らかの問題が進行したり、命にかかわる前に問題を見つけ出し、ペットがより長く健康的な生活を送る可能性を高めます。

時間がない、お金に余裕がないなどそれぞれの事情があるとは思いますが、大切なペットを失ってから気づくのでは遅すぎるのです。

 

-健康, ,

Copyright© わんにゃんクラブ , 2022 All Rights Reserved.