ライフスタイル

キャットフード、ウェットタイプとドライタイプどっちがいいの?

キャットフード、ドライ派?ウェット派?

キャットフードの種類はさまざま

世の中で販売されているキャットフードに関しては、非常にたくさんの選択肢があり、愛猫想いの飼い主さんは一体どのキャットフードを選べばよいか悩んでいる方も多いと思います。

その選択肢の一つとしてウェットタイプとウェットタイプがあります。それぞれの特徴について見ていきましょう。

 

ウェットタイプのキャットフード

ウェットタイプのキャットフードは缶詰などの密閉された容器に入っており、最近では製造技術が向上したため、いろんな味のフードが発売されています。

ウェットタイプのキャットフードの最大の特徴はフードに含まれる水分量が多いことで、65%以上の水分が含まれています。

そのため、あまり水を飲まない猫たちにとっては良い水分補給の機会になります。

ただし、細菌の繁殖を防ぐために、缶から出してお皿に取り分けた後、猫たちが食べずに放置しないように注意が必要です。目安としては30~60分としてください。

ウェットタイプのキャットフードの利点は次のようにたくさんあります。

  • 猫が好きな食材と食感
  • 食べる際に猫がかみやすい
  • 食事がバラエティに富む
  • 総水分摂取量の増加に役立つ

ウェットタイプのキャットフードを猫に与えることは特別なことであったり、もしくは甘やかせすぎと思えるかもしれませんが、猫の食生活にとっては100%完全でバランスが取れており欠かせない要素です。

 

ドライタイプのキャットフード

ドライタイプのキャットフードは便利なため多くの飼い主に人気があります。

ウェットタイプのキャットフードに比べより水分含有量が20%未満と少なく、開封後でも保存ができるので、大きな袋でまとめてたくさん購入することができお得です。

乾燥させた食品は細菌増殖のリスクが低く、飼い主が仕事などで留守にするため家を空ける際にも猫がちゃんと食べられるように一日中部屋に放置することができます。

歯ごたえのあるフードであるため、猫の歯に付着する歯垢や歯石を減らすのにも役立ちます。ただし高齢の猫たちにとっては噛むのが難しい場合があります。



どちらのタイプのフードが猫にとって良いの?

最終的には、あなたの愛猫がウェットタイプとドライタイプどちらのフードを好むか次第になります。

ただし、栄養学的にはウェットタイプとドライタイプの組み合わせを与えることが推奨されています。

これによって猫たちは食事において必要な十分な水分を取ることができ、さらにドライフードの歯科的なメリットも得られ、フードに対して飽きにくくすべての面でフードに対して興味を持ち続けてくれます。

猫は新しもの好きな生き物であり、我々人間と同じく、毎日同じ食事を与えられると飽きてしまいます。

ウェットとドライのキャットフードを食事に混ぜたり別の味のフードを試したりすることが、猫たちが飽きさせなかったり、必要な栄養をバランスよく取得させられる良い方法となります。

また猫たちの食事に対するニーズと欲求に応えてあげることは、感情的なつながりの強化にもなります。

 

まとめ:最良の選択肢は両方与えること

ウェットタイプ、ドライタイプのキャットフードについてどちらのほうがいいの?という質問に対しては、どちらも優れた選択肢です。愛猫の年齢やライフステージに合わせて、選択したフードが100%完全にバランスが取れていることを確認し、その愛猫の好みに合わせてエサをあげるのが良いでしょう。

一部の猫や飼い主は、どちらか一方のタイプのフードを好む場合が多いですが、最良の選択肢としては両方を猫に与えることです。



-ライフスタイル,

Copyright© わんにゃんクラブ , 2022 All Rights Reserved.