雑学

ドッグフードをより美味しくする香りの研究

犬は美食家だと考える人は少ないでしょう。

彼らは同じドッグフードを毎日楽しみに食べています。

しかし、愛犬をできる限り甘やかしたい飼い主たちは、特に珍しくて気難しい犬に対して、可能な限り最高の料理体験をしてもらいたいと思っています。

そして研究者たちはドッグフードに含まれる、犬にとって最も魅力的な芳しい香りを特定しました。

 

人と同じく犬の場合も、おいしさは食品の見た目、匂い、味、質感に依ります。

以前の研究では、匂いが犬にとって特に重要であることが示唆されてきました。

ドッグフードに含まれる香り成分を特定している研究者も中にはいますが、犬がドッグフードを食べる際に、特定の香り成分がどのように影響を与えるかについてはあまりわかっていません。

Maoshen Chenらの研究者は、6つのドッグフードに含まれる主要なアロマ化合物を特定し、犬がドッグフードを食べた量とそのアロマ化合物の量を相関づけしたいと考えました。

研究者たちはまず、1時間おきに6つのフードのうちの1つを6匹の成犬のビーグルにそれぞれ与え、犬がそのフードをどれくらい食べたかを調べました。

その結果、ある3つのフードの摂取量は、他の3つのフードよりも2〜4倍多く摂取していることが分かりました。

研究者らはそのフードの質量分析を行い、12種類の揮発性芳香分子が、ビーグルの食べた6種類のフードの摂取量と相関関係にあることを発見しました。

次に研究者らは、無臭のフードに各芳香化合物を加え、化合物の1つを含むフードと無臭のフードのどちらを食べるかビーグルに選択させました。

これらの実験から、犬は以下の芳香化合物を好むことが分かりました。

  • E)-2-ヘキセナール(人間が不快な脂肪臭を伴う)
  • 2-フルフリルチオール(硫黄、ロースト、スモーキー臭)
  • 4-メチル-5-チアゾールエタノール(肉の臭い)

また対照的に、(E)-2-オクテナール(やや独特の不快な脂肪臭)を含むフードを気にしないことも分かりました。

おわりに

これらの実験は、他の犬種ではどうか、また多くの犬による実験を実施する必要がありますが、今回の実験結果は、ドッグフードメーカーが犬により口当たりの良いハードタイプのドッグフードを商品開発するのに役立つ可能性があるだろうと研究者たちは語っています。

-, 雑学

Copyright© わんにゃんクラブ , 2022 All Rights Reserved.