雑学

小柄な猫の7つの品種

小さな猫の品種は、コンパクトなサイズとかわいい機能のおかげで、人気のあるペットになります。

最大の猫の品種は約8Kgかそれ以上の体重となる可能性がありますが、最小の品種は、しばしば2〜5Kgほどの体重です。

足の長い猫やマンチカンのように肩の高さが25センチ未満な猫がいたりするので、体高についてはさまざまです。

これらの小さいサイズのネコは、さまざまな毛質や色を持ち、またそれぞれユニークな特徴を備えており、外観も異なります。

お部屋の大きさに合わせて小さ目な猫を探しているのなら、サイズは小さいけれどもキュートさはいっぱいの7品種をチェックしてみてください。

 

シンガプーラ

今回ご紹介する7品種の中で一般的には最も小さいとされているシンガプーラは、成猫時で約2〜4Kgに成長します。

シンガプーラという名前からお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、シンガプーラはもともとシンガポール出身です。

その小さいサイズとクリッとした愛らしい魅惑的な目ために、猫愛好家の方々には愛されている猫の1品種になりました。

シンガプーラは猫の品種の中でも最小のクラスの品種かもしれませんが、愛らしく遊びの心のある猫です。

またそのサイズからは想像できない驚くほど筋肉質な身体と運動能力を持っています。

品種概要


体高:15〜20センチ

体重:2〜4キログラム

特徴:小柄だが筋肉質な身体。丸みを帯びた頭と大きな目

マンチカン

マンチカンは世界で最も短い足を持つ猫の品種かもしれません。

これらの猫は自然発生する遺伝子変異を持っているため、脚が短くなり、肩の高さが15〜25センチになります。

ギネスで世界記録になっている最も短い猫は、たった13センチ程度のマンチカンです。

マンチカンを品種として登録するべきかどうか、そしてこの品種が短足の体のために繁殖の是非については賛否両論があります。

例えば、TICA(※1)はマンチカンを登録された品種として認識していますが、CFA(※2)はそうではありません。

※1. The International Cat Association:純血種及び家庭猫の世界最大の血統登録機関

※2. The Cat Fancier's Association:世界最大の愛猫協会で、純血種の審査・血統登録書の発行を行う機関

品種概要


体高:17〜25センチ

体重:3〜4キログラム

特徴:ショートまたはロングヘアコート。丸みを帯びた顔や短い足が特徴。

コーニッシュレックス

 

長い脚と痩せた身体が特徴のコーニッシュレックスは、この猫が実際よりも大きいという印象を与えるかもしれません。

正直なところ、コーニッシュレックスは最小の猫の品種の1つです。

通常、身長は29〜38センチですが、重さは3〜5キログラムしかないため、大きく感じるのは足の長さによると言えます。

コーニッシュレックスは、タイトなショートカールの毛質や、目と頬の骨が目立つ大きな耳など、多くのユニークな特徴で有名です。

この品種はイギリスで生まれましたが、その印象的な外観と魅力的な特徴で人気が世界中で高まっています。

品種概要


体高:29〜38センチ

体重:3〜5キログラム

特徴:三角形の頭と大きく開いた耳やタイトな巻き毛の短い髪が特徴

アメリカンカール

アメリカンカールの最も目立つ特徴は、その独特の形をした耳ですが、この猫もサイズは小柄です。

この品種は6キログラム程度までの体重に成長し、特にメスは4キログラム以下の体重を維持します。

アメリカンカールの柔らかくて絹のような毛並みは、短くてもセミロングでも、この小さな猫の品種の毛並みの特徴として挙げられます。

彼らは飼い主の膝の上で寛ぐような甘えっ子の猫としては知られていませんが、愛情深く遊び心があり、優れたペットです。

品種概要


体高:22〜30センチ

体重:6キログラム以下

特徴:柔らかく、絹のようなショートまたはセミロングコート。後ろに曲がる耳が特徴。

デボンレックス

デボンレックスは「ピクシーキャット」と呼ばれることもあるので、この品種が小さな猫の品種リストに含まれていることは当然のことと言えるでしょう。

成猫に成長したとしても、デボンレックスはわずか3〜4キログラムの体重を維持します。

この品種の三角形の頭、大きな耳、大きな目は、この猫が成猫になったとしても子猫のような印象を与えます。

品種概要


体高:25〜30センチ

体重:3〜4キログラム

特徴:胸部が広く、頭の形が三角形。毛並みは、柔らかく、薄く、カーリーコートが特徴。

ジャパニーズ・ボブテイル

短くボンボンのような尻尾は、この猫の品種について特徴付けされる唯一のものではありません。

日本のボブテイルは、最大で2から5キログラム程度の体重しかなく、わずか20または22センチの体高に成長します。この猫は細い身体と素晴らしい身体能力を持っています。

名前の通り、彼らは古来より日本に生息し、1600年代初頭に日本の絹の貿易の際にネズミから絹を守るために人の役に立ってきた猫です。

 

その評判への大きな主張は、1600年代初頭のげっ歯類の侵入から日本の絹の貿易を保護することです。かつて、彼らは日本で最も一般的に目撃されている通りの猫でした。今日、彼らはアクティブでインテリジェントな人気のあるカーペットを作ります。 

品種概要


体高:20〜22センチ

体重:2〜5キログラム

特徴:小柄。ふわふわの尻尾。毛色は、白、黒、クリーム、ライラック、赤、青、2色、3色など、さまざまな色とパターンを持っています。

シャム猫

シャムは最も古い猫の品種の1つであり、最も小さい猫の1つでもあります。

これらの猫は身体の長さが比較的長く、痩せていて筋肉があり、通常は体重が3〜6キログラムしかありません。特にメスのシャムは小さいままで、体重が4キログラム以下であることがよくあります。

彼らはサイズが小さいかもしれませんが、この猫の品種は特にハスキーな声が特徴的で、この声の愛好家の方も多いです。

品種概要


体高:20〜25センチ

体重:3〜6キログラム

特徴:細〜中程度の骨構造を持つ長い身体が特徴。シール、ブルー、ライラック、チョコレートなどのカラーの短い毛並みで、顔、耳、足、尾の周りにポイントとなるカラーも特徴です。

-, 雑学

Copyright© わんにゃんクラブ , 2022 All Rights Reserved.