ライフスタイル

愛犬に冬用のコートを着せるべき?

気温が下がるにつれ、犬の飼い主は、寒い季節に安全で暖かく保つために犬に冬のコートが必要かどうか心配に思うかもしれません。

すべての犬が冬のコートを必要とするわけではなく、場合によっては、余分な暖かさを保つコートが実際には良さよりも害を及ぼす可能性があります。

ただし、適切な条件下では、ほとんどの犬は冬のコートにより利益を得ることができます。

犬に冬用のコートを着せるかどうか迷っている方は、以下の記事をぜひご覧ください。

ペットの飼い主が愛犬の冬用コートを購入するのはなぜですか?

外の気温に応じて犬に冬のコートを着せるというのは純粋で犬への思いやりに溢れています。

極寒の中で犬を散歩させることは、犬を心配する気持ちから感傷的であったり時に苦痛を伴う可能性があります。

殆どの犬はトイレや日頃のストレス発散のため散歩でエネルギーを消費させることが必要とするので、犬の飼い主が、愛犬に対して犬を気遣う気持ち以上に健康上の安全の観点からコートなどを着せる方法をとるのは当然のことです。

また、ファッションによってコートを着せる、着せないを決める飼い主もいます。

若い世代を中心にペットを単に飼うというより、ペットは家族の一員であるという考え方に移行するにつれて、ペット業界はより「人間的なアプローチ」に移行し、様々な有名ブランドは犬用の幅広い洋服などを販売するようになっています。

あなたの愛犬に冬のコートを着せる前の注意点

あなたの愛犬に冬のコートを着るべきかどうかを決める際には様々な要素が関係します。

犬を外に出す前に、風冷え、犬が濡れるかどうか、晴れているかどうかを確認することが重要です。

疑わしい場合は、安全な方を選択してください。犬が暖かくなりすぎているように見える場合は、いつでもコートを脱ぐことができます。

寒い中、犬が震えたり、暖かさを求めたり、足を引きずったり、歩く速さが遅くなったり、不安や苦痛を感じたりするのを見つけた場合は、建物の中に入ることを考えましょう。

犬の年齢、健康状態、および低温への順応も考慮する必要があります。

高齢だったり、または非常に若い犬や、病気の犬は、穏やかな条件下でも暖かく保つのに苦労する可能性がありますが、寒さに慣れている健康な成犬は、非常に寒いときでも本人(本犬?)はあまり気にしません。

冬のコートの恩恵を受ける犬はどの犬種?

小型犬は大型犬よりも身体の熱を失う表面積が比較的大きいため、他のすべての条件が同じであれば、小型犬は大型犬よりもコートの恩恵を受けます。

この小型犬のグループに当てはまるいくつかの品種は、チワワ、トイテリア、ミニチュアピンシャーです。

体脂肪は熱を抑えるのに役立つので、ウィペットやグレイハウンドのような細い犬は、太りすぎの犬よりもコートが必要となる場合がよくあります。

毛皮が非常に薄い犬は非常に簡単に寒くなる可能性があるため、通常、冬にコートを着せる犬の候補としてあがります。

一方、長い毛並みや太い毛の大型犬で、ぶ厚いダブルコートを持っている場合、冬のコートが必要になることはめったにありません。

実際、コートの重みにより犬の毛皮の自然な断熱特性を低下させる可能性があります。

また黒っぽい色の毛は、明るい色の毛よりも太陽からより多くの熱を吸収します。

活動することで多くの熱を発生するので、犬が走り回っているときは静かに座っているときよりも暖かくなります。

また次の犬は、そのサイズと長い、または密な毛のために、冬にコートを着せる必要がある場合はめったにありません。

  • ハスキー
  • ニューファンドランド
  • チャウチャウ
  • ポメラニアン
  • コモンドール
  • ハバニーズ
  • バーニーズ・マウンテン・ドッグ
  • ビアデッド・コリー
  • グレート・ピレニーズ

あなたの愛犬に冬のコートを着せるかどうか迷う場合は、あなたの犬に特有のアドバイスを獣医に尋ねてみましょう。

あなたの愛犬にぴったりのコートを選ぶ

犬が冬用のコートを使用したほうが良いと判断し、獣医にも相談してその判断に間違いがない場合、愛犬に必要なコートの種類を決める必要があります。

まず、あなたの愛犬に着せるコートが持つべき材料の種類を検討しましょう。

あなたの犬の毛皮の種類と互換性のあるコートの材料に関して、獣医師に尋ねてみてください。

犬の毛と、コートの材料が合わない場合は以下のような症状が出る可能性があります。

  • 繰り返しの痒み
  • くしゃみ
  • 蕁麻疹
  • 顔、耳、唇、まぶたなどの腫れ
  • 皮膚が赤く炎症
  • 下痢
  • 嘔吐

また、サイズはそれぞれの犬によって異なるため、冬用のコートを購入する前に犬の測定をしましょう。

その際、メジャーを使用して犬のサイズを記録します。

選択したコートがきつすぎたり、地面を引きずったり、着せている犬からずり落ちたりするほど緩んでいないこと、または犬がいつもとは異なり動かないことがないかを確認する必要があります。

 

-ライフスタイル,

Copyright© わんにゃんクラブ , 2022 All Rights Reserved.