ライフスタイル

愛犬をトレーニングするときに犯しがちな8つの間違い

犬を新しい家族に迎え入れた際に、お手やお座り、マテなどのいろんな芸や躾を教えたくてウズウズする方が多いと思います。

でもすぐにトレーニングを開始するのは待ってください。愛犬をトレーニングする際に犯す間違いはたくさんあります。

我流でトレーニングを始める前に、すべきではないことを確認しましょう。

褒めないで叱ってしつける

ネガティブに焦点を当てることは、ポジティブな気持ちを強化するほど効果的なトレーニング方法ではありません。

罰と支配を使ってトレーニングをすると、将来、愛犬に様々な多くの問題行動を引き起こす可能性があります。

さらに、褒めることと叱ることを組み合わせてトレーニングすると、犬が褒めてもらえるのか、叱られるのか判断するのがより難しくなります。

あなたの愛犬の行動を先読みしましょう。

たとえば吠え声など、あなたの愛犬が想定外のことをしようとしている場合、犬が反応できる別のコマンドで犬の気をそらし、それに応じて褒めましょう。

長すぎるトレーニング

良い結果が得られたらトレーニングを止めて、しばらくたった後で続きを行ってください。

トレーニング時間が長すぎると、犬は退屈して、飼い主が教えようとしている新しい行動を学ぶことに興味がなくなってしまう可能性があります。

または愛犬は新しい情報で過負荷になり、学んだことを覚えていられなくなる可能性があります。

一日で全てのレッスンを行おうと、一日中トレーニングする必要はありません。

トレーニングはプロセスであり、時間がかかります。

同じ場所にとどまる

おそらくトレーニングする際には、あなたと愛犬の自宅で行う場合が多いでしょう。

でもトレーニングする場所を1か所に限定しないでください。

あなたの犬は家の中で行動することを学びますが、あなたが外に出るとすぐに、彼らは注意を払うのにかなり苦労するでしょう。

屋外やあなたが訪れる友人や家族の家など、または新しくてまだ慣れていないドッグパークなどでもトレーニングを試みてください。

このようにして、犬はどこにいても、周りで何が起こっていても、行動の一貫性を保つことを学びます。

クリックが多すぎる

クリッカートレーニングは非常に人気があり、適切にクリッカーを使用すると効果的なトレーニングツールになります。

ただし、クリックを開始する前に、飼い主の方が必ず使用方法を学習してください。

あなたの犬はクリックをご褒美と関連付ける必要があります。

そしてあなたが犬にご褒美を与えるのをやめるならば、クリッカーは無意味になります。

また目的の動作ごとに1回クリックするだけ、といった一貫性を保つ必要があります。

犬が何かをしているときにクリックしすぎると、あなたがどのような行動をとっているのか正確にわかりません。

あなたと愛犬のコミュニケーションが鍵です。

おやつに頼りすぎる

愛犬が食べ物に動機付けられている場合、おやつは素晴らしいトレーニングツールです。

そしておやつは始めたときに特に効果的です。

ただし、褒めたり、おもちゃを与えたり、遊びなどでご褒美を変えることも忘れないでください。

あなたがおやつに頼りすぎる場合、あなたが食べ物を持っているときだけ、あなたの犬はあなたの要求する行動をするかもしれません。

あなたのポケットにドッグフードをいっぱいに詰めて歩き回るわけにはいかないので、あなたの犬が褒めることに応え、あなたの承認をご褒美とを関連付けることができるようにしてください。

愛犬の個性に合わせない

犬にも個性があり、トレーニングや褒めることの方法がすべての犬に役立つわけではありません。

食べ物よりも遊ぶことに動機付けられている犬種もいれば、自然に喜ばせる必要がある犬種もいます。

他の犬種は単に頑固であることも知られています。あなたの犬を動機づけるものと彼らが最もよく学ぶ方法を知りましょう。

環境またはコマンドを与える方法を変えてみてください。

1つのトレーニング方法がうまくいかない場合、それは必ずしもあなたの愛犬が学ぶことができないからではありません。

何がうまくいくかを見つけるために、愛犬に合わせて試行錯誤して微調整する必要があるかもしれません。

コマンドの繰り返し

これは、犬の訓練に不慣れな人々の間で特に多い間違いです。

彼らは「お座り」のようなコマンドを出し、犬が座らないときは、犬が退屈になって座るまでそのコマンドを何度も繰り返します。

繰り返しのコマンドは学習された行動になる可能性があり、例えば犬はコマンドが繰り返された後にのみ座ることを要求されていると学習するかもしれません。

犬が反応しない場合は、コマンドを繰り返さないでください。

別の場所で再試行してください。

それでも応答がない場合は、動作を再トレーニングして再学習します。

練習しない

あなたの犬はすぐに習得できるかもしれませんが、練習しなければ意味がありません。

人間と同じように、あなたの犬は、彼らが練習しなければ学んだすべてを覚えていると期待することはできません。

子犬の段階だけでなく、成犬になってもトレーニングについていくようにしてください。

あなたは愛犬と人生を共にする間ずっと一緒に練習する必要があります。

そのことがあなたと愛犬との両方にとって、老後の精神的な刺激になることは疑いようがありません。

-ライフスタイル,

Copyright© わんにゃんクラブ , 2022 All Rights Reserved.