健康

犬が新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐ救世主になるかも!?

癌などに患っていないか犬に嗅ぎ分けるように訓練しているチャリティー団体(Medical Detection Dogs)は、犬が新型コロナウイルスの蔓延を防ぐ役割を果たすことができるかもしれないと調査しています。

その団体は長年、犬の嗅覚に関する科学な研究に成功しており、また犬が病気を検出できると考えています。

彼らはその研究にに厳格で科学的なアプローチを取り入れており、各疾患には独自の匂いがあるという信念を裏付ける十数件の査読済みの研究論文を書き上げています。

Medical Detection Dogsは、イギリスにあるロンドン・スクール・オブ・ハイジーン & トロピカル・メディスン (LSHTM) およびダラム大学と一緒に、犬がマラリアを検出するように訓練できるといった研究をしており、今後もパートナーシップを結び提携して研究を行っていくとしています。

彼らは犬を集中的に訓練する準備を始めており、今後6週間で感染の急拡大の終結に向けて、短期間で、また身体を傷つけず診断できるよう準備しています。

また政府機関に対して、新型コロナウィルスと闘うために犬がどのような役割を果たすことができるか説明しています。

新型コロナウィルスをどのように検出するの?

新型コロナウィルス(COVID-19)を嗅ぎ分ける犬は、そのチャリティー団体がすでにガンやパーキンソン病、細菌感染症などの病気を検出するように訓練した犬と同じ方法で訓練されます。

その方法とは、その団体の訓練室でサンプルを嗅ぎ、上記の病気を発見したことを示すといったものです。

また、犬は皮膚の温度の微妙な変化を検出できるため、その場にいる人間の誰が熱を持っているかどうかも知ることができます。

訓練を受けた犬は、ウィルスに感染した国への旅行者を特定したり、他の公共スペースに配置することができます。

Medical Detection DogsのCEO兼共同創設者であるクレア・ゲスト博士は次のように述べています。

「原理上、犬はCOVID-19を検出できると確信しています。現在、患者さんからウィルスの臭いを安全に収集し、犬にニオイを嗅がせる方法を検討しています」

「犬が無症状の人も含めて誰でもスクリーニングでき、検査が必要かどうかを教えてくれることが目的です。この方法は早くて効果的で非侵襲的であり、限られたNHSテストリソースが本当に必要な場所でのみ使用されることを確認します。」

ロンドン・スクール・オブ・ハイジーン & トロピカル・メディスン (LSHTM)の疾病管理部門の責任者であり、またその専門研究所であるARCTECの所長のジェームス・ローガン教授は、次のように述べています。

「以前の私たちの研究は、犬がマラリア感染症の人間の臭いを非常に高い精度で検出できることを示しています。(世界保健機関(WHO)の診断標準よりも)」

「COVID-19のような呼吸器疾患は、患者の体臭を変えるので、犬がそれを検出できる可能性が非常に高いことがわかっています。この新しい診断方法は、COVID-19への対応を短期的に、特に今後数か月で革命を起こす可能性があり、大きな影響を与える可能性があります。」

またダラム大学のスティーブ・リンゼイ教授は次のように述べています。

「研究が成功した場合、COVID-19の流行の終わりに空港でCOVID-19の検出犬を配置して、ウィルスを運ぶ人々を迅速に特定することができます。これは、現在の流行を抑制した後の病気の再発を防ぐのに役立ちます。」

おわりに

近年は日本においても羽田空港や成田空港で麻薬探知犬や検疫探知犬などの使役犬を見かけることがあります。

現在、世界中で流行している新型コロナウィルスについても精度よく嗅ぎ分けられるとなると、とっても心強いですよね。

まだ訓練の準備中とのことですので、今後の動向に注目していきたいと思います。

またMedical Detection Dogsでは、新型コロナウィルスの大流行により、犬の訓練などの準備が困難な状況のようです。

ですが、深刻な病状の人々に救命サービスを提供したいという想いのもと奮闘されているようです。

彼らの奮闘に、少しでも貢献したい方は是非、寄付を募っているようなのでサポートしましょう。

-健康,

Copyright© わんにゃんクラブ , 2022 All Rights Reserved.