雑学

犬には幽霊が見える?犬の不思議な行動の秘密とは

超常現象を信じる人々がいる一方で、愛犬が取る行動から、もしかして犬たちは霊が見えたり、感じたりすることができるのでは?と疑問に思ったことはありませんか。

実際に犬は人間よりもはるかに並外れた鋭い感覚を持っています。

犬が超常現象を感じることができるという都市伝説とも言える考えは真実であると信じたいところですが、科学的な根拠は未だ見つかっていません。

しかしそれにもかかわらず、犬の行動の多くは、犬が人間にはできない何かを感知する能力があると確信させます。

人間の能力を超えた力

犬の行動は飼い主にとって謎である場合が多々ありますが、霊的な能力があるのではと疑問に思う無数の例があります。

飼い主が超常現象を信じる傾向がある場合、その犬は、おそらく妖精が近くにいることを感知しているように見える行動を示す場合があります。

犬が部屋の角に立ち、目に見えないものに向かって吠える場合、それは犬が何か得体のしれないものを感じているのでしょうか?

またはその犬は、お気に入りのソファやベッドの横など、故人の家族がまだ存在しているかのように、生前使用していたもののそばに居続けるかもしれません。

ある動物行動学者は、犬が何も無いようにところに向かって吠えるとき、犬が霊視能力があると考えるのは、一般的な科学の観点から証明するのは難しいが、犬の基本的な五感を研究することで理解できる部分が出てくると語っています。

犬が持つシックスセンス

五感(視覚、嗅覚、味覚、触覚、聴覚)に加えて、犬は6番目の感覚を持っ ています。それは何かが正しくないと感じる直観的な感覚です。

犬は自分が感じることを信じ、それに応じて行動することに対して人間より躊躇がないのに対し、ほとんどの人間の考え方は、オーロラや霊の存在についてまず何が起こっているかを分析し、その可能性を否定しがちです。

犬が飼い主を待つためにドアのそばに走り寄って座っているとき、ある動物行動学者は、この犬の行動は繰り返し学習によって簡単に習得できる習慣であると説明します。しかし、飼い主がいつもよりずっと早く帰宅した際に、犬がすでにドアのそばに座っている場合、その行動は犬の第六感のように見えるかもしれません。

犬はとても鋭い嗅覚のおかげで、差し迫った災害を発生前に検出することもできます。気圧とすべての自然現象には臭気が伴うとも言われています。そのニオイは我々人間の鼻の認識能力を超えていますが、犬はこれらの変化をすぐに感じることができます。

犬は我々人間が見えないものが見える?

嗅覚だけでなく犬の聴力も人間のレベルを上回り、犬ははるかに遠い距離からより高い音を聞くことができます。犬の聴覚は、人間とはまったく異なる方法で周囲の世界を知覚しているという研究結果もあります。犬と人間のこれらの聴力の違いは、人間が感知することができないさまざまな現象を犬たちが拾い上げる能力に関係している可能性があります。

さらに犬の視野は私たちの視野よりもはるかに広いです。彼らはより遠くの物体を見ることができ、薄明かり、夕暮れ、夜明けでも見る能力は人間のものよりもはるかに優れており、人の目には検出できない特定の動きまで見ることができます。

人間が見ることができない何かを犬が検知していることは紛れもない事実です。しかし、彼らが認識しているのはフレンドリーな幽霊ではないかもしれません。

犬は魅力的な生き物ですが、人間の真の友と言えるにはまだ知られざる多くの謎があります。

ですが、彼らは高度な感覚を持っており、彼らが私たちとはまったく異なる方法で世界を認識していることは明らかなのです。

彼らの異常な感覚が未知の形、エネルギー、または超常現象を感じ取っているかどうかは謎のままです。

 

-, 雑学

Copyright© わんにゃんクラブ , 2022 All Rights Reserved.