ライフスタイル

犬の服装のサイズを適切に測定する方法

犬用のハーネスや首輪だけでなく、愛犬に洋服も購入してファッションとして楽しむ犬の飼い主の方が増えています。

これらのアイテムが快適でスタイリッシュになるように、サイズを適切に測ることが重要です。

でも「どうやって測っていいの?」と頭を悩ませている飼い主さんも多いと思います。

そこで今回は愛犬の洋服のサイズを適切に測る方法をご紹介します。

ぜひメジャー(できれば縫製用に使用される「洋裁/布」巻尺を!)とあなたの愛犬を側に呼び寄せてご覧ください。

愛犬のサイズを測定する方法

あなたの愛犬のサイズを測定する3つの主要なポイントは上記のイラストの通り体長、首囲り、胸囲りです。

  • 体長:犬が立っているときに背中のトップラインを正確に測定するには、犬の首が肩に当たる場所(多くの場合、首輪がある場所)から尾の付け根までを測定します。
  • 首回り:犬の首輪のある場所の周囲を測ります。人間の襟と同様に「指が2本ほど入る」くらいの余裕を持たせます。
  • 胴回り:犬の胸の周りを測ります。通常、前脚のすぐ後ろあたりの周囲を測ります。

あなたの愛犬がオスの場合は、コートやセーターのデザインに注意が必要です。

お腹を覆う部分に切り欠きやがあるか確認しましょう。切り欠きがない場合は、犬が誤って新しい服におしっこがかからないように、サイズを小さくする必要があります。

またよくある悩ましい問題ですが、愛犬のサイズが欲しい洋服のサイズの間にある場合は、大きい方のサイズを選択してください。

愛犬のサイズにあったハーネスの選び方

ドッグハーネスのサイズについては通常、販売メーカーが犬のサイズとハーネスのサイズを記載していますので注意深く確認しましょう。

一部の製品には、適合する犬の寸法の他に体重で記載されている場合がありますが、人間と同様にサイズと体重は正確にはあっていません。

痩せているけど身体の大きな人もいれば、太っているけど小柄な方もいらっしゃいます。

ですので、体重はあくまでも目安として、しっかりとサイズの方を確認するようにしてください。

ハーネスにはいろんな種類やスタイルのものがあり、ハーネス選びにやや面食らう方もいらっしゃるでしょう。

ハーネスのメリットや種類、選び方についてはこちらの記事でご紹介していますので併せてご確認ください。

犬の散歩、首輪とハーネスどっちがいいの?

目次 首輪とハーネスどっちがいいの?そもそも首輪やハーネスって必要なの?首輪のメリットとデメリットハーネスのメリットとデ ...

続きを見る

パグはフレンチブルドッグなどの短頭種の品種、つまり鼻ぺちゃ犬たちには、呼吸器系の疾患を持つ犬たちが多く、首輪よりもハーネスが特におすすめです。

愛犬のサイズにあった首輪の選び方

首輪の場合はそれほどサイズ選びに悩むことはないでしょう。

こちらも愛犬の首回りのサイズに対して、「2本指」ルールで少し余裕があるサイズがおすすめです。

昔ながらのバックルスタイルの首輪だけでなく、もっとたくさんのスタイルの首輪が販売されていると知ると驚く方もいらっしゃるかもしれません。

マーチンゲールの首輪、チェーンの首輪、プロングの首輪などがあります。

チェーンとプロングの首輪は、「矯正」の手段として特定のトレーナーによってしばしば使用されます。

しかし、獣医学の分野が進むにつれて、動物の行動に関する研究がますます増えており、嫌悪矯正を使用したトレーニング方法は、動物が新しい行動を学ぶために不要であるだけでなく、実際には有害である可能性があることが示されています。

グレイハンド等によく使われるマーチンゲールの首輪は、一般的に使用されているバックルタイプの首輪にたいする「代替」首輪の1つになりつつあります。

マーチンゲールカラーの基本的なデザインは、2つの輪っかで構成されています。

1つのループは大きく、そのループが犬の頭をすり抜けます。小さい方のループは、犬のリードをつけるものです。

犬がリードを引っ張ると、小さい方のループがぴんと張られ、大きい方のループが引き締まり、犬の頭から首輪が外れるのを防ぎます。

これは、マーチンゲールの首輪が「人道的なチョークの首輪」と呼ばれることの理由でもあります。

チョークよりはマシではありますが、首が締まることで愛犬に痛みや傷を与えてしまいかねない類の首輪です。

通常の首輪だと外れてしまうからとマーチンゲールの首輪を選ぶ飼い主の方がいらっしゃいますが、その場合はハーネスを使うようにしましょう。

-ライフスタイル,

Copyright© わんにゃんクラブ , 2022 All Rights Reserved.