雑学

猫が夢中にレーザーを追いかける理由

すべての猫の飼い主さんは猫とレーザーポインターの間の永遠の闘争についてご存じのことと思います。

小さくて香りのないその小さな赤い点は、猫が実際に捕まえることができないという事実にもかかわらず、またはおそらく永遠に捕まえられないせいで、猫を夢中にさせることができます。

興味深いことに、レーザーポインターが猫の友達にとって素晴らしいおもちゃであるかどうかについては、いくつかの議論があります。

では、なぜ猫がレーザーを追いかけるのでしょうか?そして、レーザーを捨てて別の種類のおもちゃを選ぶ時が来たのでしょうか?

レーザーの魅力

レーザーが猫にとって本質的に刺激的である理由は、それらが想像されるもの、つまり動きの速い獲物です。

猫が食べ物のために、飼い主にニャーと愛想を振りまく以外は、一生懸命働く必要がないからといって、それが狩りといった仕事につながっていないわけではありません。

レーザーポインタの赤や緑の点が部屋の周りを動き回ると、あなたの猫はそれを走って逃げ隠れようとしている小動物と解釈します。

そのため、一種のネコ科の行動、特に獲物を狩り、襲いかかり、殺そうとする生来の欲求が出てきます。

あなたの猫は知性ではなく無意識的な反射のように、レーザーポインターを逃げ回る小動物と解釈する事実はあまり重要ではありません。

猫がレーザーを見る方法

猫がレーザーを追跡するとき、ここにも別の要素があり、それはそれが単に魅力的に見えるという事実です。

その理由を理解するには、猫の目がどのように機能するか、人間の目とどのように異なるのか、などのベーシックな部分を理解することが役立ちます。

網膜は目の主要な構造の1つです。

それは桿体錐体といった2つの主要なタイプの細胞で構成されています。

桿体は低照度視力と動きの検出を扱い、錐体は色を見るのに役立ちます。

人間の目は桿体よりも錐体の数が多いため、活気に満ちた世界を見ることができます。

一方、猫は錐体よりも桿体の数が多いため、ほんのわずかな動きでもキャッチすることができます。

これはレーザーとどのような関係があるのでしょうか?

それは彼らがレーザーの動きを無視するのがかなり難しいことを意味します。

猫にレーザーポインターを回した瞬間に、周辺の視野でそれを見つけます。

まだレーザーの赤や緑の点を実際に食べることができないことに気づいていない場合、捕食サイクルを開始してしまうのです。

猫とレーザーに関する論争

レーザーで猫を誘惑することは良い考えかどうかについていくつかの論争があると聞いて驚くかもしれませんが、猫とレーザーの議論はしばらくの間続いているものです。

反レーザー派である猫愛好家によって指摘された主な問題点は、あなたが猫にレーザーを追いかけさせることは一種のからかいであるということです。

あなたの猫はその赤や緑の点に忍び寄り、跳ね回っています。なぜなら、その猫の脳が食べ物を捕まえて殺すように命じているからです。

猫は、食べ物を得られる狩りのために楽しんでいるとしても、遊びの形として明確にその行動をしていません。

そして、レーザーは達成不可能な目標であり、猫の狩猟スキルがどんなに優れていても、それを食べたり、捕食サイクルを終えることは決してありません。

多くの猫はそのレーザーを決して捕まえらえないことを理解し、レーザーとの追いかけっこを止めてしまいます。

その他の猫はそれが非常にイライラしていると感じ、結果として悪い振る舞いを始めるかもしれません。

欲求不満の猫は、破壊的または攻撃的になるなど、理想的ではない方法で行動します。

猫とレーザーで遊ぶことと悪い振る舞いの関連性に気づいたら、それはおそらくレーザーポインタを遠ざけることです。

レーザーポインターをよりゲームのようにし、いじめを少なくするために、プレイが終わったらすぐに猫にご馳走または物理的なおもちゃを与えます。

そうすれば、レーザーそのものではなくても、「狩り」の満足感を得ることができます。

レーザーポインターの安全性のヒント

あなたの猫が実際にレーザーを追いかけるのを楽しんでいるように見えて、狩猟、襲撃、失望の無限のループにとらわれていない限り、心配することはおそらく何もありません。

レーザーを追いかけることは、猫が肉体的および精神的な運動をするための素晴らしい方法であり、また、猫の本能を少し活用することもできます。

その本能は、屋内の猫が望むほど頻繁に活用することができないものです。

もちろん、プレイ中に猫に危害を加えないようにするために、適切な安全のヒントに従ってください。

ここに注目すべき2つの大きなものがあります。

猫の目に直接光を当てない

おもちゃのレーザーでも信じられないほど明るい光を放つので、猫(または自分自身)の目に直接光を当ててはいけません。使用すると、視力障害や目の怪我を引き起こす可能性があります。

猫に他のたくさんのおもちゃを与える

レーザーが猫の唯一の遊び場である場合、欲求不満が高まり始める可能性が高くなります。

キャットニップのおもちゃや杖など、狩猟や遊びのための他の多くのおもちゃが利用できるようにしてあげてください。


-, 雑学

Copyright© わんにゃんクラブ , 2022 All Rights Reserved.