ライフスタイル

猫に安全な観葉植物9選

東京都が実施したテレワーク「導入率」の緊急調査結果によると、2020年3月と2020年4月を比較して、テレワークを実施している会社員の数が約2.5倍に増加しているそうです。

在宅で仕事をし始めて、自宅の環境を良くしようと観葉植物を購入する方も増えています。

近くのホームセンターに観葉植物を見にいって、その種類の多さに圧倒される方もいらっしゃると思います。

一部の植物は、日光の光をより必要とするとか、寒さや暑さに強い/弱い、または猫に有毒でさえあるかもしれません。

猫の周りにどの植物が安全な選択肢であるのか知ることは、愛猫家として将来起こるかもしれない多くの潜在的な問題を防ぐことができます。

以下にご紹介する植物は、猫の飼い主が観葉植物を購入検討する際に適した選択肢となります。

蘭は、さまざまな鮮やかな色や種があり、すぐに購入できる美しい観葉植物です。

これらの鮮やかな観葉植物は高くて繊細ですが、猫の周りにあっても安全です。

蘭は水やりを頻繁に行わなくともよく、直射日光に晒すことは避けた方が良いですが、少し湿度のある暖かい環境が好ましいです。



セントポーリア (アフリカスミレ)

クラシックな卓上の観葉植物で、小さな花を咲かせるこの植物は、小さな鉢の園芸用品センターでよく見られます。

小さな紫やピンクの花で知られていますが、同様に多種の色合いの花色をもちます。

アフリカスミレの品種によって、葉の形が異なり、グロキシニアと呼ばれる別の種類の植物と混同されることがあります。

アフリカスミレは、暖かく湿気のある場所で、明るい日光の下の環境を最も好みます。


 

折鶴ラン(スパイダープラント)

スパイダープラント(クモの植物)と呼ばれるこの植物は、美しく垂れ下がる形のおかげで、何十年ものあいだ観葉植物ファンから人気があります。

これらの緑豊かな植物は、天井から吊るしたり、棚に置いたりして、苗木をぶら下げることができます。

この植物は、太陽光や特定の温度をあまり必要としないため、手入れも簡単です。

あなたの猫が折鶴ランから育つぶら下がっている葉っぱに興味を持ったとしても、猫に優しい植物です。


 

ボストンタマシダ

ガーデニングセンターやホームセンターで簡単に見つけられるもう1つのクラシックな観葉植物であるボストンシダは、窓辺の空きスペースを簡単に埋める、葉がいっぱいの植物です。

猫は葉をパンチして、落ちた葉を口にするかもしれませんが、落ち葉をむしゃむしゃ食べたとしても、この植物は彼らにとって毒性はありません。

ボストンマシダは湿度が高く、明るい間接光を好みます。冬に家が少し寒くなったとしても、気温はそれほど気にしなくても問題ありません。

現在お持ちの鉢の大きさに対して窮屈そうでも、この植物を幸せに保つには、春に植え替えることをお勧めします。


 

ヒポエステス

ヒポエステス・フィロスタキアは、一般的に水玉草や雀斑草として知られています。

鮮やかな色の葉には、そばかすやドットのようなパターンがあり、緑豊かな空間にもう少し色を追加するユニークなアクセントになります。

ヒポエステスは、猫がその葉を噛んだとしても安全ですが、大量に食べてしまうと、嘔吐や下痢を引き起こす可能性があります。

これらの植物は明るい光が好きで、十分な光がない場合は、よく知られるパターンの葉を作成できません。

そのため、ヒポエステスに緑の葉だけが成長している場合は、より多くの光を当てる必要があります。


 

ブロメリア

ブロメリアはパイナップル科に属しており、その名の通りパイナップルの仲間です。また別名アナナス科とも呼ばれることがあります。

ブロメリアはさまざまな色やパターンがあり、家庭でも観葉植物として育てる方々が見られ始めています。

これらの植物は蘭と同じような条件を好むので、多くの人々は蘭とブロメリア両方の観葉植物を持っています。

ブロメリアは、繁茂するためには明るく、直射日光ではない間接的な太陽光と水はけの良い土壌を必要としますが、熱帯雨林に自然に見られるため、思ったよりもはるかに幅広い温度に適応できます。


 

ハオルチア

多肉植物は、さまざまな形、質感、お手入れの簡単さから非常に人気のある観葉植物です。

その多肉植物であるハオルチアはゼブラサボテンとしても知られており、他のサボテンでよく見られるようなトゲはありません。

この多肉植物は、猫がいる家では特にスペースが狭いちょっとした場所に置くのに最適です。

ハオルチアにはさまざまなサイズがあり、中にはティーカップサイズを必要とするだけのものもあります。

明るい間接光を好み、ほとんどのサボテンと同じように、この植物は特に冬の間は水をあまり必要としません。


 

グロキシニア

アフリカンスミレと混同されることもあるグロキシニアは、猫にも安全なカラフルな観葉植物です。花はアフリカのスミレよりも鈴のようですが、同じ観葉植物にも同じ子羊の耳のような葉があります。これらの植物は、間接的ですが明るい光で最もよく機能し、70年代にとどまる温度で常に湿った土壌を必要とします。

 

アレカパーム

猫の周りに置いても安全な大きな観葉植物を探している場合は、アレカパームを検討してみてください。

この木は、湿った土壌とたくさんの栄養素とともに明るいが間接光を必要とします。

ガーデニングが得意でない場合は、お手入れが簡単ではないかもしれませんが、猫にとっても安全な大きな屋内緑地を作るのに最適です。

まとめ

猫のために安全な観葉植物はたくさんありますが、中には毒性のある植物もあります。

検討している植物を購入前に必ず調べてください。

猫にとって有毒な環境植物の代表的なものとしては、ユリ、ツツジ、クロッカス、ストレリチア(極楽鳥花)、カーネーション、菊、ヒナギク、スイセン、ダリアなどなどが挙げられます。

猫が植物を食べてしまって、それが有毒かどうかわからない場合は、できるだけ早く獣医師に連絡してください。

お部屋は緑で飾りたいけど、愛猫が食べてしまわないか心配な方は、造花を飾るというのもご検討してみてください。


-ライフスタイル,

Copyright© わんにゃんクラブ , 2022 All Rights Reserved.